AIで宅建合格できる? 資格を得て理想のライフスタイルの実現へ

AIで宅建合格
宅地建物取引士は不動産業務を目指している方なら、ぜひ取得したい資格です。

平成30年度に実施された試験では、受験者数約214,000人に対して、合格者は約33,000人でした。合格率約15%というかなりの難関資格となっています。

※一般財団法人不動産適正取引推進機構より引用
http://www.retio.or.jp/exam/pdf/result.pdf

この宅地建物取引士試験で話題になっているのはAI(人工知能)が宅地建物取引士試験で出題的中率が78%だったということ。

このAIを使えば宅建士が楽に取得できて、将来独立や転職など選択肢が広がる可能性があるのではないでしょうか?
今回はこのAI(人工知能)と宅地建物取引士についてお伝えします。

宅地建物取引士資格ではどんな仕事が可能か?

AIで宅建合格
不動産業務をしたいならぜひ取得したいのが、この宅地建物取引士資格でしょう。
不動産会社勤務はもちろんのこと、資格を活かしローンアドバイザーとして金融機関での仕事や相続・土地取引など司法書士事務所でも活用することができ、さらに不動産業として独立も可能です。

宅地建物取引士試験に合格するとどんな仕事ができるか解説します。

*不動産関連業務ではどんな仕事ができるのでしょうか。
 宅地建物取引士の業務としては次のような仕事に従事することになります。
 また自分で不動産業を独立開業することも可能です。

・賃貸物件の仲介
  ・家・土地売買の仲介
  ・土地や建物を購入して宅地開発やビル開発などのデベロッパー業務

街の不動産屋さんでの仕事から大きな工務店や開発会社までその業務は多方面にわたり、活躍の場も多いでしょう。

*登記関連業務で活躍できるのは、家を建てる時や相続における不動産の売却時など不動産登記業務を代行する時にこの宅地建物取引士の資格が参考になってきます。

法律事務所も大きな事務所では相続人から依頼を受け土地などの売却の支援をすることもあり、宅地建物取引士の資格は就職時に有利に働きます。

  ・土地家屋調査士事務所
  ・司法書士事務所
  ・弁護士事務所
  ・税理士事務所

今後、超高齢社会の日本ではシニア層の財産管理に際して家や土地を処分したり活用したり、アシストする仕事に従事することが増えてきます。
上記のような事務所でも宅地建物取引士の資格が活かせます。

*金融関連業務としての下記のような資格にプラスして宅地建物取引士の資格を取得すれば、独立して開業する場合、非常に有利になります。

 ・住宅ローンアドバイザー
 ・ファイナンシャルプランナー

「AI」についての解説

AIで宅建合格
AI(人工知能)は今後の仕事を大きく変えるシステムであり、単純作業などは今後AIに移行することでしょう。
しかし不動産売買やアドバイザーなど機械ではできない業務も多くあります。
このAIがどのようなものかお伝えします。

AI(人工知能)とは、コンピューターの計算機能を用い、普段人間が行っている問題解決をAI自らが考え推論し答えを導き出す技術の総称です。

あるオンライン学習サイトを運営しているサイトビジット(https://wedge.ismedia.jp/articles/-/14298)の発表では、AIが宅地建物取引士試験の予想を50問中35問も的中させたという事実があるようです。
膨大な知識をインプットし答えを導き出す、AIの得意分野といえるでしょう。

宅地建物取引士はAIを使えば楽に合格できる?

宅建の予想を高確率で当てたAIですが、今後予測精度が上がって合格の助けにはなっても業務が身につくわけではありません。

ピンポイントで予測をしても、100%的中するような保証もありませんし宅地建物取引士試験は法務や権利関係など幅広い知識が求められる資格です。

多少資格試験が楽になっても、試験に合格することが目標ではなく宅地建物取引士の資格を取り仕事を行っていくことが目的のはずです。

AIが今後人間に代わり多くの業務をこなすようになるのは間違いありません。
しかし、AIでは絶対にできないことがあります。

それは相手の立場、状況、気持ちなどを考えコミュニケーションをとりながらの交渉などです。これは人間でしかできない仕事です。

宅地建物取引士の関連業務では、このような交渉事が多いのが実情です。

実際の業務は多くの案件をこなしながら身につくものです。AIを過信したり、全面的に頼ったりするのは考えなければならないでしょう。

資格を取得し可能性を広げる

AIで宅建合格
宅地建物取引士は一生の資格として、年齢やライフスタイルに関係なく仕事ができます。
子育てや介護で一時的に一線から離れたとしても、働けるときに復帰することが可能です。

宅地建物取引士の資格取得をなぜ目指すのでしょうか?

いろいろな理由があると思いますが、その一つには国家資格としての高い信頼性のある資格であること、また不動産や家・お金など人が暮らしていくために必ず必要である業務と直結して今後も需要が見込めるからでしょう。

育児や介護など、一旦仕事を離れても年齢や地域に関係なく仕事を続けることができるこの宅地建物取引士資格、貴女の将来のために、また、目指すライフスタイルの実現に向けて検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめコンテンツ

【前編】不動産業界に女性活躍の時代がくる! 〜センチュリー21女子会「なでしこC21」取材〜

1

【前編】不動産業界に女性活躍の時代がくる...

意外と便利! 女性のためのカーシェアリングの使い方講座

2

意外と便利! 女性のためのカーシェアリン...

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

3

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

女性目線で見る宅配ボックスがない物件でも快適に過ごせるアイデア4選

4

女性目線で見る宅配ボックスがない物件でも...

クローゼットの収納でお悩みの方にトランクスペースの有効活用方法を教えます

5

クローゼットの収納でお悩みの方にトランク...

キーワード一覧