リビングで壁の塗り替えができる壁のファンデーション「クロスメイク」とは?

クロスメイク
経年劣化で茶色く変色した壁紙、子どもがペンを振り回してできた落書き、いくら掃除しても取れないシミなど、長年使っているリビングの壁には気になるところが沢山あるのではないでしょうか?
壁紙を張り替えれば良いことは分かっていても、業者に高い料金を払わなければならないのではと躊躇してしまう人も多いことでしょう。
しかし、壁を綺麗にする方法は壁紙の張替えだけではありません。

今回は、費用も時間も節約できる「クロスメイク」という壁のリメイク方法についてご紹介します。

1.「クロスメイク」とは

クロスメイク
「クロスメイク」とは、「壁(クロス)に特殊な塗料を塗って、壁を綺麗にする」方法です。
塗料を壁に塗り重ねていくさまは、まるでファンデーションでお化粧をしているようです。
クロスメイクに使われる塗料は非常に塗膜が薄いため、壁の凹凸をそのまま再現し、とても自然な仕上がりを実現することができます。
また、壁の表面にしみこむことで、壁そのものを保護するワックスのような効果があります。
その一方で、裏側にまで浸透することはないので、壁に吸着してしまい、はがせなくなるという心配もありません。

2.「クロスメイク」の費用は?

クロスメイク
「クロスメイク」は壁の張り替えに比べ、低予算で行える点が魅力的です。
新しい壁紙を用意する必要もなく、ごみを処分する費用が掛からないので、通常の壁の張り替えに比べ半額程度の料金で済みます。例えば6畳のリビングで壁と天井の壁紙を張り替える場合、平均的に4万円前後の料金がかかります。ところが、「クロスメイク」なら2万円ほどで壁のリフォームが可能です。

3.「クロスメイク」にかかる時間は?

壁紙を張り替えるためには、壁紙をはがすための手間がかかります。
その分、施工時間がかかり、日をまたいで作業が必要になるケースもあります。対して「クロスメイク」は塗料を壁に塗っていくだけですので、壁紙を張り替えるのにかかる時間に比べ、半分から3分の1程度ですんでしまいます。
作業のためにリビングを空けておかなければならない時間が短いのはとてもありがたいですね。

4.環境に優しい「クロスメイク」

壁紙をはがすとなると、いらなくなった壁紙はゴミとして捨てられることになります。
通常の壁の塗り替えでも養生(塗料を塗らない部分を保護すること)のためのゴミが発生します。
一方で「クロスメイク」の場合、塗料を壁に塗るだけで養生の必要もないので、ゴミがほとんど出ません。
ゴミを処分する費用がかからない分、価格が安くなるうえ、環境にも優しい手法ということになります。

5.壁の傷や穴も隠せる

壁の傷や穴にも「クロスメイク」は役立ちます。
壁の傷や穴を隠すための補修作業を先に行うことで、塗膜のうすい「クロスメイク」の塗料でも壁を美しく再生することができるのです。壁の凹凸をそのまま残しつつ、穴や傷だけなくなる様子はまるで魔法のようです。
壁の落書きや、キッチンの油汚れなども「クロスメイク」を施すことでリセットされ、新品と見紛うような壁が戻ってきます。

6.「クロスメイク」でお部屋を個性的にアレンジ

クロスメイク
ただ壁を綺麗にするだけでなく、部屋の壁の色を変えてアクセントをつけるのも楽しいですね。
実は「クロスメイク」に使われる塗料にはラベンダーやサクララテなど白以外のものも存在します。壁一面だけ個性のある色を付けても楽しいですね。リビングの落書きを消すついでに、落書きが目立たない色の壁にしてしまうというのも良いのではないでしょうか。

「クロスメイク」は手軽に壁をリメイクすることができる方法です。リビングの壁汚れが気になっているけれど、壁紙を張り替えるだけのお金を用意できない、施工時間がかかりすぎて生活と時間を束縛されるのが嫌という人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

※「クロスメイク」は株式会社壁紙革命の開発工法です。

おすすめコンテンツ

《取材》センチュリー21の女子会「なでしこC21」とは【前編】

1

《取材》センチュリー21の女子会「なでし...

超便利!  カーシェアリング初心者の女性のための使い方講座

2

超便利! カーシェアリング初心者の女性...

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

3

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女性が快適に過ごせるアイデアとは

4

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女...

クローゼットの収納でお悩みの方にトランクスペースの有効活用方法を教えます

5

クローゼットの収納でお悩みの方にトランク...

キーワード一覧