ライフスタイルに合わせて選ぼう! 子育てを強力にサポートするベビーカーの選び方!

ベビーカー
赤ちゃんの用のベビーカーを選ぶためにお店を覗いてみたところ、種類が多すぎてどれを選んだらいいのかわからない。
そんな悩みを抱えるプレママはとても多いと思います。
そこでまずはA形とB形ベビーカーの違いから、赤ちゃんとの生活を快適に過ごせるベビーカー選びのポイントなどをご紹介します。

A形とB形ベビーカーの違いは?

ベビーカー
生後1ヵ月から使えるA形と、生後7ヵ月から使えるB形のベビーカー。なぜ使用できる月齢に違いがあるのかというと、日本の「ベビーカーSG基準」という安全の基準で定められているからなんです。

寝かせた状態で使用できるA形で、生後1ヵ月からの利用が認められているのは、150度以上のリクライニング機能が備わっているもののみです。生後4ヵ月からのA形ベビーカーになると、リクライニング機能は130度以上あればOKとなります。

B形のベビーカーはコンパクトな軽量カーとして、生後7ヵ月から最長48ヵ月まで利用できると定められています。座った状態で使用するベビーカーなので、リクライニング機能は付いていなくても問題ありません。

A形とB形のどちらを選ぶかで悩んだ時は、赤ちゃんが生まれた後のライフスタイルを具体的に想像してみましょう。すぐにベビーカーを利用したいならA形、7ヵ月までは抱っこ紐を利用するという場合は、B形を選択しても大丈夫。
もちろん月齢に合わせて、A形とB形の2台を使い分けるというのも一つの方法です。

なお、A形・B形は日本だけの基準で、海外の安全基準は日本よりも厳しいと言われています。そして現在では海外で作られたベビーカーが日本でも多く販売されています。
例えば海外で誕生した3輪ベビーカータイプも最近ではよく見かけるようになりました。3輪ベビーカーは4輪ベビーカーよりも小回りが利きます。また、ハイシートベビーカーというものもあります。通常のベビーカーに比べてシートの位置が高くなっています。地面から遠いので、ほこりや熱を赤ちゃんから遠ざけてくれます。
このようにタイプによる特徴をしっかり把握することが大切です。

ベビーカー選びの3大ポイント!

ベビーカー
ベビーカーにはそれぞれ様々な機能が備わっているので、選ぶ際には使いたい機能がどれなのかをきちんと把握しておく必要があります。それぞれのライフスタイルに合わせて、考える必要があります。

(1)対面式と背面式はどちらを選べばいいの?
例えば赤ちゃんの座面の向きを変えられる機能。対面式も背面式も使える両用車は、できることが多い分重くて大きいものがほとんどです。軽さやコンパクトさを重視するなら、背面式を選ぶと良いでしょう。

(2)タイヤの機能性
タイヤの数や機能によっても、ベビーカーを押した時の使い勝手は大きく異なります。毎日のようにベビーカーを活用するご家庭なら、少し値段が高くてもスイスイ進んで歩きやすい機種を選びたいですね。
小さいタイヤの長所は軽く、場所を取らないところです。しかしちょっとした段差に引っかかってしまう場合もあります。それに対してタイヤの大きなベビーカーは凸凹した道や段差でも安定するので、操作しやすいと言われています。
気をつけるべき点として、タイヤが大きいものはベビーカー自体も大きくて重い傾向にあることです。電車に乗る際、駅の改札の幅は一般的に約55〜60cmなのでそれよりも大きい場合は、バリアフリーの改札口を使用しなければならない場合もあります。
例えば自宅の周りに坂道が多いなら、少しでも軽いタイプを選ぶなど、ライフスタイルに合わせた選択が重要。実際に体験ができる売り場で、押しやすさにどれくらいの違いがあるのかをしっかりチェックしてから購入するのがおすすめです。

(3)どこに収納するのかも購入前に考える
ベビーカーを購入してから意外と困ってしまうのが、収納場所の問題。家の前や玄関に出しっぱなしにできるなら良いですが、マンションなどに住んでいる場合は、外廊下などの共用部分に置くのはマナー違反。その場合は、折り畳みしやすくコンパクトなものを選んだ方が置き場所に困ることもありません。エレベーターのないアパートなどでは、階段を上る際に持ち運びが必要になることもあるので、軽量タイプを検討しましょう。

双子用の横並びの2列ベビーカーはとても可愛いですが、マンションなどのエレベーターでは乗り切れないこともあり不向きです。実際に赤ちゃんが生まれてからベビーカーを利用する場面を想像して、購入するベビーカーを選んでみてくださいね。

ベビーカー活用で赤ちゃんとのお出かけをもっと楽しく

ベビーカー
家族のライフスタイルに合ったベビーカーを選べば、赤ちゃんとのお出かけがもっと楽しいものになるはず。
ぜひ扱いやすい一台を見つけて、赤ちゃんの笑顔を引き出しちゃいましょう。

おすすめコンテンツ

家を売る女性が活躍中! 不動産女子がおすすめするような物件とは

1

家を売る女性が活躍中! 不動産女子がおす...

軽減税率とは?消費税10%を賢く乗り切る方法

2

軽減税率とは?消費税10%を賢く乗り切る...

季節の変わり目の体調不良。身体をいたわるウワサのアイテム4選

3

季節の変わり目の体調不良。身体をいたわる...

一人暮らしの生活費を探る。家賃などの固定費と節約テクニック、家計簿の付け方まで。

4

一人暮らしの生活費を探る。家賃などの固定...

不動産女子の働き方。宅建士以外にもこんな仕事が? イキイキワークライフ

5

不動産女子の働き方。宅建士以外にもこんな...

キーワード一覧