子育てしやすい環境とは!? 引っ越しの際に育児優先で物件を選ぶ方法

育児 物件
子どもが生まれると、夫婦二人のときとは生活がガラリと変わるものです。今まで満足していた家やマンションも、子育てが始まると手狭になったり育児用品で部屋が占拠されたり、いままで考えたことのなかった問題点が出てくるかもしれません。
そんなときには引っ越しをして、子育てのしやすい家に住み替えるのもひとつの手です。
そこで今回は育児優先で物件を選ぶときに注意したい点や、優先すべきポイントについてご紹介します。

子育てのしやすさは地域によって変わる? まずは周辺環境をチェック

育児 物件
子育てのしやすさで家を選ぶとき、まず確認しておきたいのが周辺環境です。子育て中は外出が大変ですから、スーパーやコンビニなど、買い物のできるスポットが近くにあると助かります。また子どもが小さいうちは、公園が近い、保育園や学校が近いといった教育環境や治安の良し悪しなども気にしておきたいものです。公立小中学校では通学路に防犯カメラを設置している場合があり、犯罪抑止力にもなっています。どこに設置されているかは防犯のため公開されていませんが、学校が近いだけでも治安が良いと言えるでしょう。 自治体が行っている子育て支援も、内容がそれぞれの自治体によって異なります。子育て支援については自治体のホームページなどで確認できます。例えば厚木市では「第二子のおむつ無料」などの支援があります。住むエリアの候補がいくつかあるのなら、まずは子育て支援の充実度をチェックしてみましょう。 公園や学校などの施設は地図でも確認できますが、物件の内覧をするとき一緒に、実際に行ってみることも大切です。また注意すべき点として、公園といっても遊具などがなく子どもが遊べるような場所ではない場合や、手入れがされていない樹木が多く、親の目の届かない死角が多いなど好ましくない場合もあります。きちんと自分たちの目で確認し、安全かどうかをチェックしましょう。

子どもの足音を気にしたくないなら1階がベスト!

育児 物件
子どもが歩くようになると足音が気になりはじめると思います。幼児のうちは足音を気にして歩くことは難しいため、階下の方に迷惑をかけてしまうことも。子育て世代なら1階を選ぶと安心です。2階よりも家賃が安く設定されていることが多いのもメリットです。
夜泣きなどもありますから、できれば遮音性がきちんとした建物を選ぶことをおすすめします。アパート・マンションの場合、木造よりも鉄骨、鉄骨よりも鉄筋コンクリートの方が防音性は高くなります。ただし、遮音性は物件によっても違うため、内覧で確認しておくと安心です。

子育てと家事を両立できる間取りを選ぶ!

子どもが生まれたあとは、今まで行っていた家事と子どものための家事・育児を両立させることになりますね。夫婦二人の生活よりも、家事効率を上げられるような家を選ぶのも大切です。

キッチンの広さ、使いやすさは確認しておきたいポイントのひとつ。離乳食が始まると大人とは別のメニューを用意するようになり、料理をする機会が増えます。コンロの数が2つ以上ある、シンクが広くて使い勝手がよい、などといった点で物件を選ぶのがおすすめです。また子どもが生まれたあとは洗濯物も増えます。洗濯機置き場から物干しスペースまでが近いなど、洗濯動線のよさもチェックしておくとよいでしょう。

子どもの安全対策は大丈夫? 室内で事故が多い場所とは

育児 物件
子育てする上でもうひとつ気をつけておきたいのが「安全対策のしやすさ」です。消費者庁が「人口動態調査死亡票」をもとに2010〜2014年までに発生した子どもの不慮の事故を集計した結果、0〜14歳までの子どもの不慮の死亡事故が発生した場所の1位は「住居」となっています。家のなかの安全対策がきちんとできるかどうかは、子育てにおいてとても大切なことなのです。

特に注意したいのが「お風呂」と「ベランダや窓」です。お風呂の浴槽内での溺水は、1歳・10歳の死亡原因の2位、12〜14歳の3位となっています。小さな子どもはわずか10センチの深さでも溺れてしまうため、細心の注意が必要です。また洗濯機やバケツなどによる事故も起きています。お風呂場に外鍵が付いている、洗面所への出入口にベビーガードが付けられる、など、安全対策のできる家の造りとなっているかどうかもチェックしましょう。

窓やベランダは、子どもが歩くことができるようになるとともに危険度が増します。建物からの転落は3〜4歳での死亡原因の2位です。窓の鍵が二重ロックになっているなど、転落事故防止対策についても考えておきましょう。

子どもと過ごす時間をさらに楽しいものにするために、家の環境を整えることはとても大切です。子育てしやすい家で、もっと子育てを楽しんでみてくださいね。

おすすめコンテンツ

家を売る女性が活躍中! 不動産女子がおすすめするような物件とは

1

家を売る女性が活躍中! 不動産女子がおす...

軽減税率とは?消費税10%を賢く乗り切る方法

2

軽減税率とは?消費税10%を賢く乗り切る...

季節の変わり目の体調不良。身体をいたわるウワサのアイテム4選

3

季節の変わり目の体調不良。身体をいたわる...

一人暮らしの生活費を探る。家賃などの固定費と節約テクニック、家計簿の付け方まで。

4

一人暮らしの生活費を探る。家賃などの固定...

不動産女子の働き方。宅建士以外にもこんな仕事が? イキイキワークライフ

5

不動産女子の働き方。宅建士以外にもこんな...

キーワード一覧