「忘れ物ない?」の声掛けは必要なし。お仕度ボードで通園・通学準備は自分で完了

お仕度ボード
お子さんが年長さんや小学生になると、朝の準備をできるだけ自分でできるようになってほしいと考えるママは多いはずです。
でも、忘れ物がないか心配で、ついつい毎朝のように「あれは持った?」「これは大丈夫?」と、声掛けをしてしまうのもあるあるの一つですよね。
そんなママにおすすめなのが、子どもが自分でスムーズに朝の準備ができるように、お仕度ボードを活用する方法です。
お仕度ボードを利用するメリットや、設置場所が重要な理由について解説します。

お仕度ボードを使うメリットって?

お仕度ボード
お仕度ボードを活用することで、子どもが自分でやらなければいけないことを視覚的に理解できるようになります。
朝の準備であれもこれもとやることが多くなりすぎると、頭の中がこんがらがってしまう子も少なくありません。
こんな時にお仕度ボードがあれば目で見て「やったこと」と「やること」がわかるため、今やるべきことを自分で選択できるようになります。
母親が毎朝声を掛けなくても、今の自分にやるべきことを自分で認識できるようになるのです。

時間の意識と設置場所が重要

お仕度ボード
お仕度ボードで今やるべきことがわかるようになっても、進め方がマイペースでは朝の登園・登校時間に間に合わないことも考えられます。そのため、お仕度ボードは時間を意識できるような場所に設置するのがベストです。
お仕度ボードは時計やテレビの近くに置くと、子どもが自分で時間を意識しながら準備を進められるようになります。
時計の近くに設置できる場所がない場合は、新たに時計を増やすことも考えてみてください。ウォールラックなどを設置して、お仕度ボードの近くに時計を置くのも一つの方法です。
置き場所もリビングや子ども部屋など、子どもの取り組みやすさを考えて決めましょう。

市販されているものを上手に活用する

お仕度ボードにはマグネットを移動したり裏返したりするものや、ホワイトボードに書き込むものなど、様々なタイプのものがあり、市販されているアイテムも豊富です。
お仕度ボードをどのように活用すればいいのかわからないという場合は、まず市販されている物を購入して親子で使ってみるのがおすすめ。使っているうちに「ここがもっとこうだったらいいのに」というアイディアが浮かべば、仕組みを増やしたり新しいものを一から作ってみたりと、自分たちに合った改善方法がわかってきます。

子どもに合ったお仕度ボードを手作りするのもアリ

お仕度ボード
出典:instagram(@ai_lovely_ri)

もちろん最初から子どもに合ったものを、一から手作りするのもアリです。
通う幼稚園や学校、ライフスタイルによっても朝の準備は大きく変わりますから、ご家庭に合ったお仕度ボードを親子で話し合いながら作ってみましょう。
「まだ」のカテゴリーから「できた」枠にマグネットを動かして利用するタイプのお仕度ボードは、子どもでもわかりやすく100円ショップなどのアイテムで比較的簡単に安価で作ることができます。やることをマグネットに直接書き込んだり、シールを貼ったりして、子どもから見たわかりやすさを重視して作ってみてください。
忘れ物が多い子どもの場合は、持ち物マグネットを多めに作っておくと、忘れ物を減らす効果も期待できます。

ライフスタイルに合わせたお仕度ボードを一緒に作ってみよう

お仕度ボードを利用する目的としてポイントとなるのは、朝の準備を子ども自身でどれだけスムーズに進められるようになるかということです。
自分でできることが子どもの自信を増加させ、自立心や自尊心を育むことにもつながります。
家族のライフスタイルに合わせたお仕度ボードで、毎日の「忘れ物ない?」「あれ持った?」という声掛けから卒業しましょう。

おすすめコンテンツ

《取材》センチュリー21の女子会「なでしこC21」とは【前編】

1

《取材》センチュリー21の女子会「なでし...

超便利!  カーシェアリング初心者の女性のための使い方講座

2

超便利! カーシェアリング初心者の女性...

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

3

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女性が快適に過ごせるアイデアとは

4

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女...

クローゼットの収納でお悩みの方にトランクスペースの有効活用方法を教えます

5

クローゼットの収納でお悩みの方にトランク...

キーワード一覧