一人暮らしの時短節約は働く女性の知恵から生まれた? 賢い節約術3選!

一人暮らし 節約
働く女性のなかには、毎日仕事だけでなく家事・育児などに追われてしまい、なかなか自分の時間を作れないという方も多いですよね。
一人で頑張り過ぎてしまうと、心にも体にも負担がかかってしまうもの。
そこで少しでも自分の時間を作るための、賢い時間節約術をご紹介します。

料理は手抜きもOKと割り切る

時短節約
毎日の料理は「全部手作りしなきゃ」と頑張り過ぎなくても良いのです。レトルトのカレーに少し手を加えて、ゆで卵や温野菜などのトッピングを乗せるだけでも立派な夕食が完成します。

冷凍食品のおかずを活用して、チャーハンとワンプレート料理にするのもいいですね。簡単に、おしゃれで家族が満足する料理を作ることができます。野菜やお肉もレンジ調理を駆使すれば、フライパンを使わずに夕食を作るのも難しくはありません。ワンプレートにすれば、洗い物の量も減らして時短になりますね。

最近ではインターネットを利用するIoT家電が増え、電子レンジにレシピを記憶させると、次からは簡単に検索とボタンを押すだけで、調理設定ができるものもあります。

電気圧力鍋を活用すれば、朝仕事に行く前に仕込んでおくだけで、シチューや煮物、スープなどを自動調理にお任せすることもできてしまいます。帰ってきて1品できていれば、付け合わせや副菜を考えるだけなのでとっても便利です。

週末に作りおきをするのも平日の時間節約には良いですが、負担になるようなら無理しなくてもOKと割り切りましょう。料理キットを宅配してくれるサービスや宅配と同じ料理キットを置いているスーパーもあり、それを活用すれば、カット済み野菜などを手順通りに調理するだけなので、毎日の料理をパパッと済ませることも可能です。普段あまり料理をしない家族に、夕食の支度をお願いする際にも便利ですよ。

家族を家事に巻き込む

時短節約
自分一人が家事をしていると、負担が大きく、かかる時間も長くなってしまいます。一緒に住んでいる家族がいる場合は、みんなを巻き込んで家事時間を節約しましょう。基本的には自分のことは自分でできるような仕組みを作ると、家族も家事に参加しやすくなります。

例えばご飯を茶碗によそうことや箸の準備などは子どもでもできるように、手の届く低いところに収納するのもおすすめ。飲み物も自分で用意できるよう、コップの収納位置を変えたり卓上にポットを出しっぱなしにしたりするのも良いでしょう。

家族に家事をお願いする時、物の場所がわからなかったり手順が分からなかったりという場面も少なくありません。そうならないためにも、ラベリングでわかりやすく収納したり、手順を紙に書いたりする心遣いも必要です。ちょっとした工夫で、「手伝って」と言わなくても家族を家事にさりげなく巻き込むことができますよ。

家電や便利なサービスに頼るのもアリ

時短節約
「家事は全部を自分でやらなくちゃ」と気負う必要は全くありません。家電や便利なサービスに頼れば、時間と心のゆとりをお金で買うことも可能です。例えばロボット掃除機を使えば、掃除は外出時にお任せできますよね。全自動の洗濯乾燥機を生活に取り入れれば、洗濯物を干すという面倒な作業も省略できます。

最近では家事代行サービスなども続々と登場していますから、プロにお任せしてみるのもひとつの方法ですね。週に一度の定期的なサービスだけでなく、時間単位で忙しくて手が回らない家事をサポートしてもらうことも可能です。

例えば洗濯なら洗う・干す・取り込むの一連の作業を、料理なら買い物から作り置きまでの調理をお願いしても良いでしょう。戸建てのおうちであれば、除草を手伝ってもらうのも大きな家事の時短に繋がります。働く女性にとって、時間の節約は体と心のゆとりにも繋がります。「あれもこれもやらなくちゃ」と自分を追い込むのではなく、どれだけ上手に家事の時短ができるかを考えてみましょう。名前のない家事に追われることのないよう、もっと楽に過ごせる環境づくりを意識してみてくださいね。

おすすめコンテンツ

《取材》センチュリー21の女子会「なでしこC21」とは【前編】

1

《取材》センチュリー21の女子会「なでし...

超便利!  カーシェアリング初心者の女性のための使い方講座

2

超便利! カーシェアリング初心者の女性...

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

3

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女性が快適に過ごせるアイデアとは

4

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女...

クローゼットの収納でお悩みの方にトランクスペースの有効活用方法を教えます

5

クローゼットの収納でお悩みの方にトランク...

キーワード一覧