仕事とプライベートの両立は難しい? オンオフ充実している女性の時間管理術

時間管理
時間管理術という言葉を聞いたことはありませんか? タイムマネジメントとも言い、タスクやスケジュールを「見える化」して時間を有効に使い、仕事の効率をアップさせるテクニックです。時間管理術は仕事だけでなく、プライベートの時間の有効活用にも大変役に立ちます。夢をかなえて充実した人生を送るために、時間管理術をマスターしましょう。
時間管理に使われる2大ツール「手帳」と「スマホアプリ」のそれぞれの特徴と、おすすめの使い方をご紹介します。

時間管理の2大ツール「手帳」と「スマホアプリ」を使いこなそう!

時間管理に使われるツールには、「手帳」と「スマホアプリ」があります。
スマホが普及してデジタル化が進んだ現在でも、紙の手帳の人気は高く品揃えも豊富です。
この人気ぶりを見る限り、手帳にはスマホアプリとはまた違った便利さがあるようです。手帳とスマホアプリの特徴を知り、それぞれのメリットを活かした使い方を考えてみましょう。

時間管理の2大ツールその1「手帳」

時間管理
時間管理のツールとして長く愛されている紙の手帳は、今でも文房具店や雑貨店で広い売り場面積を占めています。
手帳の良さとして、ぱっと開いた瞬間に一目瞭然でスケジュールを確認できる一覧性の高さが挙げられます。
また、手書きで書き込める自由度の高さも、人気の理由の一つです。
スケジュール管理以外にも、その場で思いついたアイデアをメモしたり、言葉では表現しにくい事柄を図やイラストで描き残したりすることができます。
このような特徴から、クリエイティブな仕事をしている人に愛用者が多く見られます。
手書きで文字を書くことで理解を深めたり、新しい発想を促したりできるということで、ノート代わりに分厚い手帳を持ち歩くビジネスマンもいます。
仕事用の手帳というと黒革の地味なデザインを思い浮かべる人がいるかもしれませんが、今は華やかなデザインのものが多く発売されています。
年に1回、お気に入りのデザインの手帳を探す時間は、アクセサリーを選ぶ時に似た楽しみがあります。
このように、手帳を新調して気持ちをリセットし新しい年に向かうことができるのも、手帳の大きな効用と言えそうです。
紙の手帳は外見のデザインだけでなく、中身のフォーマットにもいろいろな種類があります。
一覧性の高さを活かすなら、見開きで月間のスケジュールが確認できるマンスリータイプがおすすめです。
一日の予定を時間単位で細かく管理したい人は、バーチカルタイプを選びましょう。
図表やアイデアをたくさん書き残すなら、自由度の高い1日1ページのタイプが人気です。

時間管理の2大ツールその2「スマホアプリ」

時間管理
チームでスケジュールを共有し円滑に仕事を進めるには、断然にスマホを活用したデジタルのスケジュール管理がおすすめです。
スマホのスケジュールアプリの良さは、タスクやスケジュールを共有することで、協力して時間を有効に使える点です。
お互いが離れた場所にいてもすぐにスケジュールを共有できるので、スケジュール調整のストレスや「言った」「言わない」の争いを減らして気持ち良く仕事ができます。
スマホのスケジュールアプリのもう一つのメリットは、地図やドキュメントなどスマホでアクセスできる他の情報との連携が可能な点です。
またリマインダー通知を設定することで、「スケジュール帳に入れていたこと自体を忘れていた」というミスを防げます。
スマホアプリのカレンダーは1年以上先まで連続しているので、長期スパンのスケジュールが管理しやすいのも特徴的です。
このようなメリットは、仕事以外にも大変役に立ちます。
夫婦間でスケジュールを共有すると、家事や子育ての分担がスムーズに運びます。
お子さんの入園・入学や受験、ご自身の資格の勉強など、長期の計画を立てる時にもスマホアプリのスケジュールを活用しましょう。
代表的なスケジュール管理アプリには、Googleカレンダー、iPhoneの「カレンダー」、TimeTreeなどがあります。
LINEにはトークの相手と予定を共有できる「イベント」という機能もあります。

時間管理をマスターして、夢をかなえよう!

時間管理
手帳やスマホアプリでの時間管理は、予定を忘れないためだけのものではありません。
時間を無駄にせず有効に使うことで、「夢をかなえる」という大きな効果があります。
まずは今年新しく始めたい習い事や取りたい資格、もっと遠い将来のキャリアプランなどを手帳に書き出して、「見える化」してみましょう。
ぼんやりと思い描いていたことを書き出すだけでも、夢に大きく近づきます。
次に、夢をかなえるための具体的なステップをリストにして、一つずつクリアしていきます。
3日坊主になるのが心配なら、スマホアプリを活用してリマインダー通知するのも良いですね。
夢をかなえるために必要な時間を時間管理で確保することで、ぼんやりしているうちに時間が過ぎてしまったという後悔を残さないようにします。
手帳に足跡を残すことで近づいている実感が持てるので、時には古い手帳を見返してこれまでの道のりを確認するのも良いですね。
実現に時間がかかる夢でも、毎日少しずつでも良いので一歩一歩進んでいくことが重要です。
手帳やスマホアプリで時間管理をきわめて、自分らしい充実した人生を歩みましょう。

おすすめコンテンツ

《取材》センチュリー21の女子会「なでしこC21」とは【前編】

1

《取材》センチュリー21の女子会「なでし...

超便利!  カーシェアリング初心者の女性のための使い方講座

2

超便利! カーシェアリング初心者の女性...

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

3

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女性が快適に過ごせるアイデアとは

4

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女...

クローゼットの収納でお悩みの方にトランクスペースの有効活用方法を教えます

5

クローゼットの収納でお悩みの方にトランク...

キーワード一覧