子育て中の働き方に革命を! 在宅ワークに役立つ便利ツール7選

在宅ワーク
IT技術の発展と働き方改革で、在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)を取り入れる企業が増えています。また、クラウドソーシングサイトを使って自分で仕事を探し、フリーランスとして在宅ワークをする人も増えています。
在宅ワークの最大のメリットは通勤がないという点です。その分、時間を有効に使えるので、一分一秒も無駄にしたくない子育て中にぜひ取り入れたい働き方といえるでしょう。在宅ワークを始めるならぜひ知っておきたい代表的な7つのツールをご紹介します。

子育て中なら在宅ワークという選択肢も。在宅ワークのメリットとは?

在宅ワーク
子育て中は時間がいくらあっても足りず、一分一秒も無駄にしたくないと思っている方が多いのではないでしょうか。「ただでさえ時短勤務で働く時間が短くなっているのに、さらに通勤で時間が削られてつらい」と感じているのなら、勤務先の在宅勤務制度について一度調べてみると良いかもしれません。育児のために一度は働くことを諦めてしまった方も、在宅ワークでもう一度仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

しかし、自宅でどのように仕事するのかイメージがわかず、在宅ワークに不安がある方もいるかと思います。
在宅ワークで役立つ便利ツールをご紹介しながら、今どきの在宅ワーク事情についてご紹介したいと思います。

在宅ワークでも共有ファイルやドキュメントにアクセスできるツール

在宅勤務でまず心配なのは、会社にいる時と同じように自宅から社内のネットワークにアクセスできるかどうかです。
在宅勤務を推進している多くの企業ではクラウドサービスを利用して、社外にいても社内にいる時と同じように仕事ができるシステムを整えています。
これらのサービスを利用すれば、会社で作成されたWordやExcelなどのファイルを自宅で閲覧・編集することが可能になります。

代表的なサービスとして「Googleスプレッドシート・Googleドキュメント」「Microsoft365(OneDrive for Business)」「Dropbox Business」、などがあります。
「Googleスプレッドシート・Googleドキュメント」は複数の人が同時にファイルにアクセス・編集できる点が魅力です。

「Microsoft365(OneDrive for Business)」はWordやExcelなどのOfficeソフトと相性が良いサービスです。

「Dropbox Business」は、後で紹介する「Chatwork」「Slack」をはじめとした外部サービスとの連携が豊富で、拡張性の高い使い方ができます。

在宅ワークでもスムーズなコミュニケーションを可能にするツール

自宅で一人で仕事をしていると、ちょっとした報告や確認がしづらい点がネックです。
そんなデメリットを解消するために、スムーズなコミュニケーションを可能にするツールが必要です。

コミュニケーションツールとして圧倒的シェアを誇り、クラウドソーシングなどで在宅ワークを始めるならぜひ押さえておきたいサービスが「Chatwork」や「Slack」です。
これらは「LINE」のようにチャット形式で会話ができるサービスですが、ビジネスに特化した様々な便利機能がついています。

例えば「Chatwork」には「タスク」という機能があり、自分や相手のやらなければならない仕事をリスト化して管理できます。

「Slack」は話題ごとにスレッドを作成して会話できるので、重要な会話が流れてしまい過去にさかのぼらないと確認できないといった不便さがありません。

在宅ワークでも顔を見ながら打ち合わせできるWeb会議ツール

在宅ワーク
コミュニケーションの基本は直接の会話であり、相手の表情を確認しながら打ち合わせをしたいという時は、Web会議ツールの出番です。

先に紹介した「Google」のサービスや「Microsoft365」「Dropbox Business」にも付随したWeb会議サービスはありますが、Web会議に特化した高性能ツールとして「Skype」「Zoom」などがあります。

「Skype」はビデオ通話サービスとして歴史が古く知名度が抜群、ユーザーも多いことが特徴です。

フリーランスで在宅ワークを行う場合は「打ち合わせはSkypeで」と指定されることがあるので、アカウントを取得しておくことをおすすめします。

「Zoom」は最大50人の大人数でのWeb会議が可能なサービスです。

アカウントがないユーザーを招待して会議に参加してもらうこともできるので、社内外を問わずWebで打ち合わせが多い企業に重宝されています。

在宅ワークにロボットを採用!? 時間や場所に縛られず働ける時代がやってくる

在宅ワーク
2020年は次世代移動通信システム「5G」が本格的に運用され始め、インターネット通信はより高速・大容量化します。インターネットを通じたコミュニケーションもますます進化し、在宅ワークを取り巻く環境は一層便利になるでしょう。

すでに在宅勤務の社員とスムーズなコミュニケーションを取るために、分身ロボットを導入する企業も出てきています。分身ロボットに話しかけたり、ロボットを通じて見振り手振りで反応を返したりすることで、その場にいないメンバーも目の前にいるかのような直観的なコミュニケーションが可能になるからです。

現在、子育てをしながらの働き方に悩んでいる方も、これから出産して仕事を続けたいと考えている方も、子育て中にメリットの多い在宅ワークに注目してみましょう。

おすすめコンテンツ

《取材》センチュリー21の女子会「なでしこC21」とは【前編】

1

《取材》センチュリー21の女子会「なでし...

超便利!  カーシェアリング初心者の女性のための使い方講座

2

超便利! カーシェアリング初心者の女性...

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

3

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女性が快適に過ごせるアイデアとは

4

宅配ボックスがない物件でも一人暮らしの女...

クローゼットの収納でお悩みの方にトランクスペースの有効活用方法を教えます

5

クローゼットの収納でお悩みの方にトランク...

キーワード一覧