宅建取得で年収アップ! 家を売る女性たちの独学パワーアップ術

宅建取得
国家資格のなかでも非常に高い人気を誇る宅建(宅地建物取引士)は、不動産業界で働いている人や就職を考えている人の場合に、持っていると有利な資格です。しかも女性の方が合格率が高いのだそうです。そうは言っても資格学校に通うにはお金がかかるし、どうせ自分が取るのは難しいだろうと、やる前からあきらめていませんか?

宅建は、独学でも十分に合格可能な資格です。今回はその勉強のポイントやコツなどをご紹介します。

年収アップを見込める国家資格・宅建

宅建が人気なのは、単純に国家資格だからというだけではありません。
不動産を取り扱う会社には社員の1/5以上の宅建士を置く義務があり、不動産会社は常に宅建を持つ人材を求めています。
宅建を持つ社員は年収を高くしたり資格手当を与えたりと、給与面で優遇することで良い人材を確保しようとする会社も少なくありません。
また、銀行・信託銀行・建設会社・コンサルティング会社など、幅広い業界で不動産を取り扱う業務があり、宅建士の求人も数多く見つかります。
現在働いている会社での給与アップや、転職での年収アップが狙える点が、宅建人気の大きな理由と言えます。

独学で合格するために押さえておきたいポイント

宅建取得
・参考書と問題集は一冊ずつでOK
宅建は人気資格なので独学で勉強するのにちょうど良い参考書や問題集がたくさん発売されています。まずは書店の資格コーナーをのぞいて、自分に合った参考書を探してみましょう。
インターネットで購入すると中身が確認しにくいので、ぱらぱらと試し読みができる書店の店頭で探すのがおすすめです。しかし、参考書を何冊も買う必要はありません、自分にとって分かりやすい一冊を徹底的に読み込みましょう。ただし、法改正などがあるのでなるべく最新の参考書を選ぶようにしましょう。

問題集は、まずは分野別に分かれた一問一答タイプがおすすめです。
分野別に分かれているものをおすすめする理由は、のち程ご説明します。
いきなり模試形式の問題集に挑戦すると、合格点数にほど遠い結果を見て心が折れてしまう危険があるので注意してください。

勉強の進め方としては、問題を解いて間違えたところを参考書で勉強する演習形式が一番効率の良いやり方です。
問題集も心に決めた一冊を、何度も何度も解きましょう。
同じ問題を2回、3回……と解くことで、自分が理解できていない弱点が明確になり、得意なポイントはより強化されていきます。
ある程度自信が付いたら、勉強の進み具合を確認するために模試形式の問題集にチャレンジするのも良いと思います。

・必要な勉強時間は300時間が目安?
宅建に必要な勉強時間について調べてみると、100〜400時間と大きな個人幅がありました。最低でも200時間は見積もったほうが良いでしょう。
例えば、1日2時間を目標として、1ヵ月で60時間、5ヵ月で300時間とします。自分の勉強のやり方と1日に確保できる時間をしっかりと把握した上で、無理のない時間設定を組みましょう。試験時期は毎年10月なので、そこから逆算して、自分のペースで進めていくのが一番良いでしょう。
宅建取得
・分野別に計画的に攻略せよ!
宅建の試験問題は大きく4つの分野に分かれます。
そして分野ごとに問題の質が異なり、勉強の仕方も変わってきます。
それぞれの分野の特徴をつかみ、計画的に攻略することが大変重要となります。

●民法(権利関係)
●宅建業法
●法令上の制限
●税・その他

民法(権利関係)は、暗記だけでは正答できない複雑な問題が多く、理解するのに時間のかかる分野です。問題集で正解だった問いも、内容を理解できているか何度も復習しながら進めましょう。一番初めに手を付けた方が良いのがこの分野です。

宅建業法は、もともと不動産業界で働く人ならすでに知っていることが多いので、後回しにしても良いかもしれません。しかし不動産関係に初めて触れる人にはとっつきにくい分野なので、早めに取り組んで慣れておくと良いでしょう。
宅建試験の全50問中、20問ほどが宅建業法の問題なのでここをしっかり押さえれば合格にぐんと近づきます。

法令上の制限は暗記量の多い分野です。暗記の得意な人、苦手な人、それぞれ自分に合わせたペースで学習しましょう。
試験直前の詰め込み暗記が得意な人は直前に、何度も繰り返して覚えなければいけない人は継続的に勉強する必要があります。

税・その他は範囲が広く、たまに難問が出題されます。ほかの分野がしっかり学習できていれば十分に得点できるので、難問に動揺する必要はありません。頻出問題の基本事項に集中したいところです。

宅建資格取得で広がる可能性

宅建取得
宅建で勉強する分野のうち民法や法令上の制限、税・その他は、不動産業界以外でも役に立つ知識ばかりです。宅建をきっかけに法律や税の勉強を始め、新しい資格にチャレンジする人もたくさんいます。
また宅建業法をしっかりと勉強することで不動産のプロとして自信が付き、堂々とした振る舞いができるようになることでお客様に安心感を与える効果もあります。
宅建の勉強は、より魅力的な自分を発掘するチャンスです。独学なら、思い立ったその日からすぐに勉強を始められますね!

おすすめコンテンツ

【前編】不動産業界に女性活躍の時代がくる! 〜センチュリー21女子会「なでしこC21」取材〜

1

【前編】不動産業界に女性活躍の時代がくる...

意外と便利! 女性のためのカーシェアリングの使い方講座

2

意外と便利! 女性のためのカーシェアリン...

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

3

必見! 子育てしやすい理想の家具配置術!

女性目線で見る宅配ボックスがない物件でも快適に過ごせるアイデア4選

4

女性目線で見る宅配ボックスがない物件でも...

クローゼットの収納でお悩みの方にトランクスペースの有効活用方法を教えます

5

クローゼットの収納でお悩みの方にトランク...

キーワード一覧