事業沿革

ホームホーム会社情報事業沿革

1971年 世界最大級の不動産ネットワークの誕生アーサー・バーレットとマーシュ・フィッシャー。2人のアメリカ人が描いた世界最大級の不動産ネットワークへの夢。それがセンチュリー21の始まりでした。
1971年 FCネットワークはわずか17店舗でスタートしました。その後3年で店舗数を1,000まで増やしました。
1975年 全米NO.1の不動産ネットワークへと急成長。アメリカンドリームの歴史に新たな1ページを刻みました。
1983年 伊藤忠商事がセンチュリー21と提携。
1984年7月 首都圏にてグループ最初の加盟店12店舗が一斉にオープンしました。
1986年 加盟店舗数 100店舗突破。
第一回ジャパンコンベンション開催しました。
1988年 加盟店舗数 200店舗突破。
1990年 関西圏への進出。日本最大のネットワークへ。その優れたシステムは地域性が強いと言われる関西の不動産業界にも受け入れられ、着実に店舗数も増加させていきました。大手不動産チェーンをしのぎ、関西圏でもNO.1の不動産ネットワークをゆるぎないものにしています。
1999年 中部圏に進出。
より多くのお客様からの信頼にお応えするための企業スローガンとして、『お客様主義宣言』を提唱しました。
2000年 加盟店舗数 400店舗突破。
ケイン・コスギさんをイメージキャラクターとして採用をはじめました。
2001年 グループ内のエクストラネット“21net”を構築。
11月21日 ジャスダックに上場
2003年 九州圏に進出。
日本NO.1の不動産ネットワークに向け、更なる一歩を踏み出しました。
2005年 加盟店舗数 600店舗突破。
2007年 加盟店舗数 800店舗突破。
2011年 現キャラクターセンチュリワン君が誕生しました。
2012年 北海道に進出し、日本全国に店舗展開へ。
「中古住宅」+「リフォーム」の新サービス「リボーン21」の取り扱い開始しました。
2013年 センチュリー21レディスゴルフトーナメント開始しました。
センチュリー21グローバルサイト開設.しました。
2014年 センチュリー21接客グランプリ開始しました。
2016年 加盟店舗数 900店舗突破。
西日本支社を設立しました。