ニュースリリース

ホームホームニュースリリース第一回センチュリー21アジア・パシフィックコンベンション参加のご報告

第一回センチュリー21アジア・パシフィックコンベンション参加のご報告

公開日2015年04月24日

 当社、株式会社センチュリー21・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:猪熊茂男)、ならびに加盟店5社は、2015年4月22、23日に台湾で開催された「第一回センチュリー21アジア・パシフィックコンベンション」に参加いたしましたのでご報告いたします。

 センチュリー21アジア・パシフィックコンベンションは、センチュリー21台湾本部が主幹事となり今回第一回大会を同国で開催いたしました。アジアに展開するセンチュリー21のうち、現地台湾の加盟店を中心に日本を含む10ヶ国、700名の加盟店の経営者、従業員が参加し、日本からは日本本部4名ならびに5社10名の加盟店が参加いたしました。

 22日は、2014年におけるアジアの前加盟店ならびに営業マンの中から成績優秀者が表彰され、日本からはセンチュリー21クリエイト礼文(本社:山形県山形市、代表取締役:大場一夫・渡邊久美子)他数名が表彰されました。

 翌23日は、主に投資物件を取り扱う日本の加盟店であるセンチュリー21シーラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:湯藤善行)とセンチュリー21レイシャス(本社:東京都中央区、代表取締役:住吉秀一)の2社が台湾の投資家向けのプレゼンテーションを行ないました。

 また、同日別会場では、地域本部が集まりアジア経営者会議が行われました。経営者会議では、当社社長猪熊が日本における展開状況等説明する他、今後の展開について、「アジアの投資家は、日本の不動産市場における重要な顧客のひとりであり、今後も積極的に投資家の誘致を推進したい。」と説明致しました。

ajia.png

本件に関するお問い合わせ先

株式会社センチュリー21・ジャパン 広報部の武廣(たけひろ)までお願い致します。 電話:03-3497-0021 / FAX:03-3497-0071 / Eメール:japan@century21.jp

1つ古い記事を見る