ニュースリリース

ホームホームニュースリリース「センチュリー21世界代表者会議」参加のご報告

「センチュリー21世界代表者会議」参加のご報告

公開日2014年11月07日

 株式会社センチュリー21・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:猪熊茂男)は、10月28日(火)から30日(木)まで、中国マカオのソフィテル・マカオ・アット・ポンテ 16(Sofitel Macau At Ponte 16)において開催された「センチュリー21世界代表者会議」に参加致しましたのでご報告いたします。同会議には21ヶ国41名のセンチュリー21各国本部の経営者が参加し、活発な意見交換がなされました。

 28日(火)の初日は、センチュリー21国際本部より、冬季オリンピックのボブスレーやリトルリーグ等のスポンサーシップ事例、効果的な追客を行うための最新のIT戦略、また新規加盟店を獲得策等についての講演が行われました。

20141107_1.jpg

 翌29日(水)は、センチュリー21国際本部(Century 21 Real Estate LLC)のPresident&CEOであるリック・デイビットソン(Rick Davidson)氏より、現在の世界全体におけるセンチュリー21の状況や国際的な不動産投資の流れについて説明がありました。その後、日本を含む主要国8ヶ国より、各国の市況・店舗展開状況等の発表があり、当社からは、本年7月に主催した女子プロゴルフトーナメントの事例、国内における現在の加盟店の展開状況、今後の経営方針・目標等について発表いたしました。

 センチュリー21は1973年アメリカでスタートした不動産ネットワークで、現在は75の国と地域まで展開しています。日本はアメリカ、カナダについで3番目にフランチャイズ展開を開始し、1984年に国内第一号店がオープンし、現在国内に865店舗(14年9月末)を展開しております。

20141107_2.jpg

本件に関するお問い合わせ先

株式会社センチュリー21・ジャパン 広報部の武廣(たけひろ)までお願い致します。 電話:03-3497-0021 / FAX:03-3497-0071 / Eメール:japan@century21.jp

1つ古い記事を見る