ニュースリリース

ホームホームニュースリリースセンチュリー21グループ合同内定式実施のご報告

センチュリー21グループ合同内定式実施のご報告

公開日2014年10月01日

 株式会社センチュリー21・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:猪熊茂男)は10月1日、当社東京本社におきましてセンチュリー21グループ合同内定式を行いましたのでご報告いたします。加盟店は9社が参加し、計25名の内定者に対し、祝辞が述べられました。

 センチュリー21では、数年前からグループ合同入社式は行っておりますが、内定式は今回初の試みであり、加盟店からの要望により実現しました。内定者は、今後は卒業までに当社が実施する研修等受講し、来年4月の入社に備える予定です。

▽株式会社センチュリー21・ジャパン 代表取締役 猪熊茂男より
おはようございます。センチュリー21・ジャパンの猪熊です。
私からは、社会人になるまでどう過ごすべきか、ということについてお話をしたいと思います。社会人になり大きく変わることのひとつに自由な時間がなくなる、ということがあります。そのためにやっておいて頂きたいことが2つあります。
1つは健康に関すること。今現在、歯が痛いとか、目が見えにくいとか、体調に何らかの不調がある場合は、体を治してきてもらいと思います。4月以降はなかなか時間が取れず、悪化します。悪化すると仕事に集中できなくなり悪循環になります。是非、今のうちに直しておいて欲しいと思います。
2つ目は、どうでもいいことをやっておいて欲しいということです。ゴルフでも英会話でも旅行でもなんでも構いません。どうでもいいことをするというのは、引き出しを持つことができます。想定外という言葉が一時期流行りましたが、引き出しがあれば想定外のときに困らない。是非、たくさん引き出しを持って欲しいと思います。是非、できる限りやって頂きたいと思います。
4月にお会いしたときには、社会人の心得の話ができればと思います。ありがとうございました。

▽センチュリー21グリーンホーム 岩永 孝一郎社長より
おはようございます。まずは、おめでとうございます。我々になくて、あなた方にあるのは若さです。是非、若さを生かして、元気に振る舞ってもらいたいと思います。
皆さんにはこれから半年間、脱落しないで、また4月にお会いできることを願っています。皆さんは、いわゆるゆとり世代かもしれませんが、社会人になると順位が付く環境になります。特に営業の方は日々順位が付いてきます。
そのための準備としては、まずは挨拶ができること。そして元気がいいこと。元気ある人を嫌いな人はいません。元気な返事ができれば、それだけで仕事ができるように見えることもあります。是非、ニコニコ、キビキビ、ハキハキできるようにこれからの6ヵ月間訓練してもらいたいと思います。
4月にまたお会いしましょう。本日はおめでとうございました。naitei.png

本件に関するお問い合わせ先

株式会社センチュリー21・ジャパン 広報部の武廣(たけひろ)までお願い致します。 電話:03-3497-0021 / FAX:03-3497-0071 / Eメール:japan@century21.jp

1つ古い記事を見る